Entry Navigation

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    category
    スポンサー広告

    銀細工師への道 55日目

    今日は前回の続きの作品に石留めを行いました。前回作っていた十字架のモノは「毛彫り留め」と新たな「殺し留め」と言う技法を使って石留めをしました。
    一応、何となくは完成したので、次に進む事にしましたが、クリアとまでは行きませんでした。
    今後の講習で同じ様な留めをするので、後は自宅で練習と言うことにしました。
    これから始める「殺し留め」はいろいろなバージョンがあり、余っている地金を寄せてきて魚子(ナナコ)で丸めて留める留め方の事を「殺し留め」と言うらしいです。
    今回挑戦したのが下の画像のように、凸部と凸部の間(←ここの部分)に石を留めていくと言う「殺し留め」と呼ばれる技法で、縦の一列が完成したら課題クリアなのですが、思っていたよりも難しく、上に写っているのは失敗して穴だらけになっちゃった失敗作です。
    彫銀0074
    スポンサーサイト
    category
    銀細工
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。