Entry Navigation

    銀細工師への道 123日目

    前回に引き続き「パヴェ留め」の続きです。
    皿もみと爪立て用の彫りこみは終わり、いよいよ石留め作業に入りました。
    ですが、今までの1列モノではないので、石の大きさも違うし数が多いため、留めるのに四苦八苦でした。
    留めたと思ったら、さっき留めたところが留まっていなかったようで、外れてしまったり、皿もみにハメ込んであった石が、ちょっとした衝撃で落ちてしまったりと、なかなか進まず、11時から始めたものの、17時の時点で5個しか留められませんでした。全部で20数箇所もあるのに…気が遠くなりそうです。
    明日は久々に本職の添乗で1泊コースなため、なかなか留まらないし、少々飽き気味だったため、添乗の準備を口実に早退してきました^^;
    添乗の仕事もぼちぼち忙しくなってきたようで、週末も添乗の仕事が入るそうなので、次回の彫金教室はお休みします。
    なので、次回の更新は7月5日になります。

    ちなみに、教室の主任講師の先生が海外に宝石の買い付けに出掛けるそうなので、7月5日~7月12日は別の先生による授業となり、特別授業だそうです。
    「デザイン性のある石留め」と言う内容の授業だそうで、実際に作品を作りながらの授業だそうです。
    今から、楽しみです。
    よって、本講義の課題の「パヴェ留め」はしばらくお休みです。
    スポンサーサイト
    category
    銀細工