Entry Navigation

    研究者の憂鬱

    忙しい時はいろんな事が充実するようで、またも新作を書きました。
    2月1日~4日まで行われる展示会に出品する彫金作品の準備をすべく、彫金教室に行った時の電車内で思いつき、携帯電話のメール機能を使って、執筆しました。


    「研究者の憂鬱」
    あらすじ:ある事に気付いた主人公の「私」。その事柄について、裏付けをとるための研究を始めたのだが…。

    さて、続きが気になった方はコチラから→「研究者の憂鬱」

    今回の作品は凄く短いので、読みやすいと思います。
    感想が聞きたいので、読んだらコメント残してやってくださいね★
    ちなみに、他のショートショートも公開してるので、そちらの方も読んでみてくださいな☆
    スポンサーサイト
    category
    オリジナル小説