銀細工師への道 5日目

    本日も前回に引き続き、十字架のペンダントヘッドの様な物の作製の続きをしました。
    次回には完成すると思うので、完成品の画像は次回添付出来るでしょう。

    今日の銀細工の話題はコレくらいで、終わりです。
    -----------------------------

    ただ、帰りの電車の中で、たくさんの可笑しな人を見掛けたので、その話題を・・・。
    銀細工教室には、4つの電車を乗り継いで通っているのですが、各電車で遭遇しました。

    ①つ目:ブルセラショップで買ったと思われる女子高生の制服を着たお相撲さん級の体格のオジサン。

    ②つ目:銀色の耳(ピアスだらけで耳が銀色に見える)をした緑の髪の毛のオニイサン。

    ③つ目:堂々と携帯電話を掛けながら『思いやりゾーン』に腰を下ろしたサラリーマン風若者。

    ④つ目:6人掛けのボックスシートの『思いやりゾーン』に1人お年寄りが座っているのにも関わらず、そのボックスシートに座り、全員で携帯電話を使い始めました母兄姉弟の4人家族。

    ※『思いやりゾーン』とは昔のシルバーシートの事です。昔は電車の中では携帯の電源を切る様に言われていましたが、今はそれはかなり、緩和され、マナーモードに切り替え通話はご遠慮下さいとなっており、シルバーシート付近では、電源を切るように言われています。何故なら、携帯電話から発する電磁波の影響で補聴器や心臓ペースメーカーに不具合を与える場合があるからです。補聴器は目に見えますが、心臓ペースメーカーは目に見えません。必ず、影響を与えてるかどうかは解かりませんし、確証は取れてはいないですが、そういう恐れもあるわけです。それが怖くてわざわざ、『思いやりゾーン』に乗車する方もいらっしゃるわけです。最近では、『思いやりゾーン』が良く解かる様に、つり革の色が違ったり床や壁の色が違う列車もあります。

    そういう場面で堂々と携帯をいじっている方はどういう神経なんでしょう!?
    その人の目の前で心臓ペースメーカーを埋め込んだ人が苦しみ悶えながら、亡くなったりしたら、殺人罪に問えるのであろうか?

    非常識者
    あまりにも腹が立ったので、③の方は写真を撮ってやりました。公開してやるぜ!うっしっし。
    壁にはデカデカと『携帯OFF』と書いてあるのに・・・。
    スポンサーサイト
    category
    銀細工
    genre
    趣味・実用
    theme
    ハンドメイド*銀細工
    RelationEntry

    Comment

    Trackback

    http://yukidarumaworld.blog89.fc2.com/tb.php/116-89323ffd