銀細工師への道 9日目

    今日から『石止め講習』と言う事で、二通りの方法を教わりました。

    今回は半球体の石(カボション)の止め方です。

    まず、0.4㍉厚の銀板を細長く切り、なめした状態で石の外周+αの大きさになるように調整して、ロウ付けし、石の形にヤットコで整形して筒状のものを作ります。
    それを土台にして、1㍉厚の銀地金にロウ付けし、高さを石に合わせて削り調整します。
    ココまでが下準備で、石を土台にはめて、周りの銀板を加工していくのです。

    ①力技系…ドライバーの様な金具で力を込めて強引に石に沿って曲げていきます。
    ②技術系…金属製のノミの様なものと小さな金槌で細かく叩いて石に沿って曲げていきます。

    彫銀0006
    まだ、少し磨き方が雑ですが、一応、①は完成しました。②は次回には完成できるしょう…。
    スポンサーサイト
    category
    銀細工
    genre
    趣味・実用
    theme
    ハンドメイド*銀細工
    RelationEntry

    Comment

    Trackback

    http://yukidarumaworld.blog89.fc2.com/tb.php/122-e28af42f