銀細工師への道 33日目

    今日は前回の『宝石の配置をデザインに見せる留め方』の続きから始めました。
    周りの爪を倒していき、最後に中央の爪を周りの石を覆うように潰して完成なのですが、周りの爪の一本が折れてしまい、石が2個留まりませんでした(T^T)
    彫銀0037
    (※黒いジルコニアを留めましたので、白いトコロが留まっていないトコロです。)
    でも、他のトコロが留まっているので、一応、合格にしてもらい、次に進むことが出来ました♪

    次の課題は『彫り留め』です。
    穴を彫って窪み(皿もみ)を作り宝石を埋め込んで、留める方法です。
    皿もみを作り上げてから15パターンくらいの留め方があるそうで、まずは皿もみ作りから始めました。
    穴を開けるポインタを使い銀板に窪みを作るわけですが、なかなか思い通りには行かず、しっかりした円にならなかったり、曲がって開いてしまったり、深すぎたり浅すぎたりと100個以上の穴を開け、使い物になるモノはたったの2つだけ…。
    彫銀0038
    写真の○を付けたのが合格点を頂いたトコロです。
    コレが5個出来たら留め方の講習に入れるそうです。

    自宅工房で早速明日から練習だ!!
    スポンサーサイト
    category
    銀細工
    genre
    趣味・実用
    theme
    ハンドメイド*銀細工
    RelationEntry

    Comment

    Trackback

    http://yukidarumaworld.blog89.fc2.com/tb.php/153-4e55498f