銀細工師への道 48日目

    本日から新しい石留め「縁有りチョコ留め」の練習に入りました。
    仮の皿もみ(石を埋め込む溝の事)を作り、溝の縁を斜めに削り更に皿もみを深く掘り、石を埋め込んだ後、斜めに削った縁の内側に細工を施して石を留めるのです。
    石留めの方法もだんだんと難易度が上がってきたのを実感させられる留め方でした。
    しかも、この「縁有りチョコ留め」は石を大きく見せるという効果もあるそうで、石を留める為に作るバリはなるべく小さい方が良いそうです。
    一応、赤い石はギリギリクリアしましたが、白い(無色透明)石は石と地金の境目が見にくいため、次回に持ち越しになりました。
    彫銀0059
    ※石は直径2㍉のジルコニアです。ルーペで拡大して撮ったのですが、写真だとよく解らないですね(^^;)
    スポンサーサイト
    category
    銀細工
    genre
    趣味・実用
    theme
    ハンドメイド*銀細工
    RelationEntry

    Comment

    Trackback

    http://yukidarumaworld.blog89.fc2.com/tb.php/181-d1d238aa