銀細工師への道 138日目

    今日は例の指輪の石留めをするべく、鋳造してもらい出来上がってきたサイズの違う5個の指輪を磨き上げ、燻し等が定着するための加工を施しました。

    当初の予定では、3㍉のジルコニアを新しい留め方で留めるはずだったのですが、花の形が微妙に大きくなってしまったので、急遽、3.5㍉の石を留める事に変更し、そのまま型どりをしたのです。
    いざ留める段になり、石を当てて見ると、指輪の厚さが足りず、3.5㍉のジルコニアでは新しい留め方では留まらない事が判明しました(T0T)
    先生~鋳造お願いする前に言ってよぉ…とも思ったのですが、気付かなかった私の責任…。

    石の裏面が平らなカボション加工の石では新しい留め方でも留まるようですし、違う留め方で3㍉の石であれば、留まるようなので、型どりも全くの無駄ではなかったのですが、思い通りに行かず、悔しい思いをしました。
    次回、とりあえず、1個は商品にはなりませんが、ジルコニアで留めてみて、他の4個は他の留め方やカボション加工の石を留めてみるつもりです。

    そんな訳で、今日は改めて、彫金がシビアな仕事なのだと言う事を再認識した一日でした。

    技術向上のために、練習を頑張ります(>_<)
    スポンサーサイト
    category
    銀細工
    genre
    趣味・実用
    theme
    ハンドメイド*銀細工
    RelationEntry

    Comment

    Trackback

    http://yukidarumaworld.blog89.fc2.com/tb.php/297-842ea435