河津桜と沼津御用邸・雛のつるし飾り

    本日の添乗は…
    ツアータイトル:河津桜と沼津御用邸・雛のつるし飾り
    行き先:静岡県 日帰り

    ツアー内容は…横浜を出発し、東名高速道路経由で沼津御用邸記念公園へ。沼津御用邸記念公園では、梅の花の観賞という事でしたが、今年は全国的に冬が寒いので、花の開花が梅も桜も二十日ほど遅れているらしく、いつもこの時期はほぼ満開なのですが、ちらほらとしか咲いていませんでした。しかも、今朝は雨。沼津御用邸に着いても雨は止みませんでしたが、見学を終え、お客様が帰ってくる頃には、止み始めました。梅の花の開花がいまいちだったので、西付属邸をご案内しました。現在、西付属邸では、沼津藩主の水野家所縁の雛人形などが飾られています。
    そして、その後、沼津グルメ街道まで戻り、「みなと寿司」で寿司バイキングのご昼食をお楽しみいただいた後、韮山の反射炉「蔵屋鳴沢」へ。「蔵屋鳴沢」では、現在、雛のつるし飾り展を催しており、その見学も今回のツアーの見どころの一つでした。雛のつるし飾りと言うと、女の子の桃の節句が連想されますが、「蔵屋鳴沢」に飾ってあるのは、地元の手芸ボランティアの方々が作った男の子向け(端午の節句)用のつるし飾りも飾ってありました。
    雛のつるし飾りの見学を終えた後、天城峠・河津七滝ループ橋を越え、河津町へ。
    河津桜の観賞をして帰る…と言うコースでしたが、やっぱり、河津桜も20日ほど、遅れていたのですが、一応、「河津桜まつり」の日にちを決めているので、お祭り自体は開催していました。そして、普段の時なら、乗用車もたくさん、来ているのですが、桜が咲いていないので、観光目的の乗用車は1台も走っておらず、バスの駐車場だけ満車状態でした。
    さすがに、河津町観光協会の方も、観光客が、せっかく遠方から来られたに申し訳ないという事で、河津駅前の桜並木の中で、一番近い木から3本に「開花促進剤」を投与して、強引に咲かせたそうです。
    それも、なんだかなぁ…と思いつつ、一応写真に収めてまいりました。
    開花促進剤で咲いた河津桜…ちょっと、可哀相><;
    ココまで、咲かせてしまうとは、私の勝手な想像ですが、きっと、開花促進剤の名前は「ハナサカG3」(花咲か爺さん)と言う名前なのでしょう…
    薬で咲かせただけあって、通常より花弁の色が薄めです。
    奥の木まで満開に見えますが、手前、3本は咲いているのですが、奥はの木々はまだ、つぼみなのです…。
    スポンサーサイト
    category
    今日の添乗
    genre
    旅行
    theme
    添乗日記
    RelationEntry

    Comment

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます
    • 2012⁄02⁄26(日)
    • 11:44

    >「開花促進剤」を投与して、強引に咲かせたそうです

    人間のエゴ丸出しですな。最悪。
    • 2012⁄02⁄27(月)
    • 22:42
    • [edit]

    Trackback

    http://yukidarumaworld.blog89.fc2.com/tb.php/355-ae13a7e2