CO2排出量比較のグラフ?

    出掛けた時に地下鉄に乗ったのですが、駅に貼ってあったポスターにこんなグラフが載っていました。
    二酸化炭素排出量のグラフ
    人間が200㌔移動するのに排出されるCO2(二酸化炭素)の量を乗り物別に表したものらしいのです。
    この表によると、排出量が一番多いのは で、一番少ないのは徒歩と自転車を除くと、鉄道なので、排出量を抑えるために、移動には鉄道を使いましょうという事をアピールしているのでしょうけど、私が気になったのは、徒歩と自転車で移動した時のCO2が「0」であるというトコロです。
    果たして本当に、徒歩と自転車ではCO2排出量は0なのでしょうか?
    人間は日々、寝てもさめても呼吸をしています。呼吸をする度に、酸素を吸って二酸化炭素を排出しています。
    ただ、立っているだけでも、呼吸をしているので多少なりとも二酸化炭素は排出しているはずです。
    それが、200㌔も歩いたり、もしくは自転車に乗ったりしたら、余計に心拍数も上がり、呼吸の数も増え、二酸化炭素の排出量は増えると思うのです。
    単位は(gCO2/人㌔)と書いてありました。
    電車やバスほどじゃないにしろ、「0」は有り得ないと思うんですけどねぇ。
    それが「0」だと言うならイマイチ信憑性が無いグラフの様に思えてきますよね…。
    スポンサーサイト
    category
    日記的なもの
    genre
    日記
    theme
    思うこと・気付いたこと
    RelationEntry

    Comment

    Trackback

    http://yukidarumaworld.blog89.fc2.com/tb.php/405-54ac100f