侍頑駄無 幟

    ジム忍びカスタムを作製した時に余ったランドセル配備用のビームサーベルを改造し、プラ棒とプラ板を利用して作りました。
    侍頑駄無用 幟 表 侍頑駄無用 幟 裏
    表書きは『侍頑駄無』(さむらいがんだむ)の文字を裏書には『百足』(むかで)の絵を描きました。
    本物の幟(のぼり)は両面に同じものが描かれているんでしょうけど…それはご愛嬌と言うことで^^;

    ちなみに、百足は節足動物にも拘らず、小昆虫を捕らえ、大あごから毒液を出して殺します。
    強力な武器で敵を倒し殺すことや「絶対に後ろに下がらない(後退しない)」という俗説から、その強い戦闘能力が武将に好まれ兜や旗印など様々な用途に使用されていた吉祥印なのです。
    また、毘沙門天の使いといわれ、縁起物として扱われていたらしいです。
    有名なトコロでは武田信玄で有名な武田家の使番が百足衆と名乗っていましたし、伊達政宗で有名な伊達家の伊達成実(だてなりざね:政宗の従兄弟)が兜の前立てとして使っていました。
    ・・・・・・・・と、言うことで、百足を描いてみました♪

    幟付 侍頑駄無 幟付 侍頑駄無 背面
    実際に侍頑駄無に装備するとこんな感じです。
    スポンサーサイト
    category
    プラモデル
    genre
    趣味・実用
    theme
    ガンプラ制作
    RelationEntry

    Comment

    Trackback

    http://yukidarumaworld.blog89.fc2.com/tb.php/85-efefbd0d