FC2ブログ
    Entry Navigation

    リック・ドムⅡ地球連邦軍仕様

    今回は1/144リック・ドムⅡ OVAポケットの中の戦争モデルを改造しました。
    リック・ドムⅡ地球連邦仕様

    当然の事ながら、コレもオリジナルMSです。
    通常のリック・ドムⅡに同スケールのガンダムのV字アンテナを切断後、接着し、バックパックにパテで少々整形を施しビームサーベルが差し込めるようにしました。それと、拳は物が握れるように穴を開けてあります。ちなみに、ビームサーベルはプラ棒を加工して差してあります。その他は機体色を地球連邦色(ガンダム色)に塗装した事が改造点と言えるでしょう。
    胸部等のマーキングステッカーはBB戦士№329ガンダムの物を使用しました。
    リック・ドムⅡ地球連邦仕様 側面 リック・ドムⅡ地球連邦仕様 背面 リック・ドムⅡ地球連邦仕様 正面up リック・ドムⅡ地球連邦仕様 正面up2
    モノアイが光っているのはクリアパーツをはめ込む前に下地にガンダムマーカー銀で塗装した後にはめ込んだ為、光が反射している為だと思います。
    リック・ドムⅡ地球連邦仕様 顔面
    機体設定:ジオン軍将校がリック・ドムⅡに搭乗したまま地球連邦政府に亡命し従軍したため、搭乗して来たリック・ドムⅡをそのまま改修し連邦カラーに塗装しなおした機体。基本的なスペックはリック・ドムⅡとさほど変わらないが、V字アンテナを装備した事により、通信性能が向上し、マグネコーティングした為、機動力が若干上がっている。また、連邦軍用のビーム兵器であるビームサーベルを2門装備させた事により、白兵戦能力も若干向上している。
    category
    プラモデル

    ジムコマンド新撰組仕様 日本刀

    かつて作製したジムコマンド新撰組仕様ですが、武器が薙刀しかなく、常々、刀が欲しいなぁ…と思っておりました。
    沖田総司のイメージなので刀は、やはり外せないだろう…という事で、作っちゃいました。
    ジムコマンド新撰組仕様 武器 日本刀
    以前の侍頑駄無ジム忍びカスタムの刀はプラモデルの付属品とプラ棒・プラ板・パテなどで形成して作りましたが、今回の物は刀と柄の部分はプラ棒を削って作りました。鍔(つば)はプラ板に穴を開けて通してあります。鞘(さや)の方はプラ板とパテで作りました。

    ジムコマンド新撰組仕様 武器装備
    装備するとこんな感じ。
    category
    プラモデル

    キュアガンダム シールド

    キュアガンダムの盾を作ろうと思い当たり、ガンダムシールドを改造してみました。
    ガンダムシールドと言えば、元々はこんなのです。
    ガンダムシールド
    それが…
    キュアガンダム シールド
    こうなりました♪ 名称は『キュアシールド ピーチブロッカー』でしょうかね^^;

    …で、持たせて撮影★
    キュアガンダム バズーカ&シールド(大)
    category
    プラモデル

    侍頑駄無 幟

    ジム忍びカスタムを作製した時に余ったランドセル配備用のビームサーベルを改造し、プラ棒とプラ板を利用して作りました。
    侍頑駄無用 幟 表 侍頑駄無用 幟 裏
    表書きは『侍頑駄無』(さむらいがんだむ)の文字を裏書には『百足』(むかで)の絵を描きました。
    本物の幟(のぼり)は両面に同じものが描かれているんでしょうけど…それはご愛嬌と言うことで^^;

    ちなみに、百足は節足動物にも拘らず、小昆虫を捕らえ、大あごから毒液を出して殺します。
    強力な武器で敵を倒し殺すことや「絶対に後ろに下がらない(後退しない)」という俗説から、その強い戦闘能力が武将に好まれ兜や旗印など様々な用途に使用されていた吉祥印なのです。
    また、毘沙門天の使いといわれ、縁起物として扱われていたらしいです。
    有名なトコロでは武田信玄で有名な武田家の使番が百足衆と名乗っていましたし、伊達政宗で有名な伊達家の伊達成実(だてなりざね:政宗の従兄弟)が兜の前立てとして使っていました。
    ・・・・・・・・と、言うことで、百足を描いてみました♪

    幟付 侍頑駄無 幟付 侍頑駄無 背面
    実際に侍頑駄無に装備するとこんな感じです。
    category
    プラモデル

    キュアガンダム 改

    先日、作製した【キュアガンダム】ですが、女の子っぽくないとの事だったので、胸部をちょこっと変えました。
    キュアガンダム 羽根付き(大)改
    そう言えば、『フレッシュプリキュア』の映画に羽の生えたキュアピーチが出てくるそうですね^^;
    そんなイメージで羽根付きモードで撮影しました。
    category
    プラモデル